シュールな村
2004/9/10 新宿東亜興行チェーン



「ヴィレッジ」
(2004米)

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ホアキン・フェニックス、エイドリアン・ブロディ、ウィリアム・ハート、シガーニー・ウィーヴァー


シャマランの本領発揮といったところでしょうか。こんな映画は今の時代彼くらいしか撮れないのではないでしょうか。

というのも、昨今の特にアメリカの、そしてそれに色濃い影響を受けていると見受けられる韓国やそこらの映画も、やたらと話を派手にしてきますからね。「ありえない」とか「おかしい」とか、そんな気すらしてこないわけですよ。
その点彼の作品ははずば抜けて地味。地味ということがアレなら、地に足が着いているというか、いや、より正確に言うなら"日常生活に根付きつつもそれを少しだけ超越する"そんなところですね。
個人的には"シュールレアリスム"に帰属する面白さがあるのではないかと、そんな気がしています。

まあ、私はやたらとなんでも"シュール"つまり"超現実"に分類しがちでその気になれば時代劇やホラーでさえも"シュール"に分類してしまうんですがね。あ、それと最近のお笑いも"シュール"ですよね。最後のこれについては大して知りもしないのに、こんなことを言ってしまっているあたりが、"やたらとシュールに分類する"ってことの現れでしょう。

とにかくも、彼の作品は「シックスセンス」しかり、「アンブレイカブル」しかり「サイン」しかり、全てシュールです。
彼等は日常生活を送っているようみえてその実、それを"超えた存在を認知"する、あるいはそれを"超えた存在として存在"する、そしてまた、それらの中では"起き得ないことを目の当たりにする"のです。そして「ヴィレッジ」はヴィレッジの日常生活そのものが"超えた存在"であるということでしょうか。さらに、その"超えた存在"に気付き、そこから脱却する機会があるにもかかわらず"愛"そのものや"愛を失ったことによる喪失感"から、再びそれが起こるリスクを抱えつつも、それを維持することを選ぶ彼等は、まさに"シュール"以外の何者でもないというわけです。

結局のところ、そういうものを持ってしまっている人間は"シュール"に帰属するしかない。そんな気もしてしまいますね。


そうそう、自分の作り出した"シュール"な世界に毎度登場し、現実と"シュール"のひとつのつなぎ目となる、彼こそが"シュール"な存在そのものと言って差し支えないのではないのでしょうか。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-09-17 00:43 | Movie(V)
<< 今週末レポート。 早くも見えてきましたが。限界が。 >>