来年こそは
2004/10/16 新宿ミラノ座
東京ファンタスティック映画祭 20th



「ソウ」
(2004米)

監督:ジェームズ・ワン
出演:ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローバー、モニカ・ポッター、リー・ワネル


何よりも面白かったのが上映後にあったTeach inでの質問。質問のはずが感想になってしまい、結局何が言いたいのか良く分からないものや、勝手でしかも見当違いの質問をぶつける輩がいたり、思い込みを適当に話したのか、訳すのにも苦労する言語を話す人なんかがいて中々楽しめました。いやホント"Super natural"とかね。通訳の方お疲れ様でした。
あ、鋭い意見もありましたよ。最後方の恐らく最大の見せ場であろう"あるシーン"のための、なんともこじつけてきな展開についての指摘とかは大変的を得ていたと思います。
それにしてもこの作品のワールドプレミアで、しかも今週末から公開されるバージョンではカットされているシーンも入っているという事で、ずいぶん集客に貢献したようです。確か去年のホラーの日はちらほら空席があったかと思うのですが、今年は立ち見まで出る始末。すごいもんですね。実は私はほとんどこの作品(というかファンタで公開される作品の全て)はノーチェックだったので、プレミアだとか、シーンがカットされていないとかは全く知らず、立ち見がいると気付いたときは、ファンタもずいぶんメジャーになったのかしらとか思ってしまいました。

さて、中身ですがと。
最初のバスルームの画には妙な魅力というか、なかなかハイセンスなものがあったと思うのですが、しかし全体を通してみるとやはり低予算でしかも経験不足な雰囲気がその画や、シナリオにそこはかとなく漂っていました。
それにしても、このテの作品は基本的に"ユニーク"なことが求められるように思っているのですが、つまりこれだけ限定した空間と、状況と、人物で、同じようなシチュエーションを作ってしまえば、同じような展開で、同じような結末しかありえないと。さりとてそれを避けるために、幾つかの作品の要素を混ぜたとしても所詮"2番煎じ"や「『CUBE』 meets 『Seven』」や「キューブとセブンを足して2で割ったような感じ」という評価しか与えられないと思うわけです。別にこの映画にオリジナリティーが無いといっているわけではなく、下手な映画よりもよっぽどオリジナリティーに満ちてはいたのですが、しかしそのオリジナリティーも"点"であって"線"や"面"にはなっていなかったなと、そう思うわけです。Teach inでも「影響を受けた映画は?」なんて質問があったかと思うのですが、名前が挙がった映画のほとんど全てについてオマージュとも取れるシーンがあったように思います。まぁオマージュが悪いわけではないのですが、そのオマージュとオマージュの間にちょっとしたオリジナルが紛れ込んでいて、それらの雰囲気にあまり統一性が無く、なにかちぐはぐな印象を受けてしまったと、そんな感じです。
要は何がいいたいかというと、着想の時点では中々よい始まりと終わりを思いついた様ですが、肝心のその間がダメだったと、そういうことです。
お金は次から心配しなくてよさそうですので、あとは経験を何とかすれば何とかなるんじゃないかと、次回作に期待ですね。あ、"続編"じゃ無いですよ。全く違う"次回作"です。あしからず。

そうそう、どうやらカットされるシーンてのはたいしたことも無く、別にカットしなくてもレートに響かないんじゃないかと思える些細なシーンで、もしこの"カットシーン"のために立ち見で甘んじた人がいたのだとしたら、ファンタも宣伝がうまくなったなぁと関心しきり。




------------------------------------------------------------------------


「スピーシーズ3」
(2004米)

監督:ブレッド・ターナー
出演:ロビン・ダン、サニー・メイブリー、ロバート・ネッパー、ナターシャ・ヘンストリッジ


よもや「3」まで出るとは思ってもいませんでした。相変わらずなお話しでしたね。



------------------------------------------------------------------------


「ハウス・オブ・ザ・デッド」
(2003米)

監督:ウーヴェ・ボル
脚本:
出演:ジョナサン・チェリー、タイロン・レイツォ、オナ・グローアー、クリント・ハワード、ユルゲン・プロホノフ


こういうのは好きです。最近観た「マーダー・ライド・ショー」とかはあまりにこてこてであまり好きではなかったんですが、これはテンポも比較的良く、意外と良かったです。
全くの個人的な嗜好ですが。まぁたぶん大半の人がうんこ映画に分類するとは思うのですが。





さすがに3本まとめてまともなレビューを書くのは無理がありましたね。
今年は「ヘルレイザー」が無く、個人的に大変心配していたホラーナイトでしたが、終わってみればなかなか良かったのではと。でもやはり、来年こそは「ヘルレイザー」をなんとか観たいので、関係各位の方々なんとかよろしくお願いしますネ。

今日は昨日よりは帰宅が早かったのですがなんだかなにやらすごく疲れました。眠くてしょうがないと。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-10-27 23:59 | Movie(S)
<< 一線を越え 順調に >>