一線を越え
全くよくやるものですね。何がって私がなんですが、毎日毎日、残業代も出ないというのに日付が変わる直前まで仕事を。そもそもこんなことになったのは私の上司がバカな話をしたせいで、その当の本人はバカな話を人に押し付けて全く知らんぷりと、まぁ手は回して、これの責任は私に及ばないようにしてはあるものの、全く納得の行かない話ですね。で、いくら責任が無いとは言え、バカな話はいくらまじめにやろうとも、バカなことになるのがオチで、現実的にはそれをやった奴もバカだと思われますから、それを回避すべく方向修正を連日連夜やっているわけですヨ。結局上司の尻拭いってことで、これほどやってられないことは無いのですが、仕方が無いと諦めています。ただ、こんな馬鹿なことで日付が変わる"一線"を越えるのも、それこそバカの極みなので、その点は気をつけています。

ここ数日寝る時間が遅くなっているためか朝起きるのがとてもつらく、気温の低下も手伝って寝坊気味。昨日も遅刻ぎりぎりでしたが、今日はさらにぎりぎり。この分だと明日はさらにぎりぎりか、その"一線"を越えそうな予感が。まぁ今のお客さんも、私の会社も朝の時間は比較的ルーズなので、"遅刻"という概念自体が無いようなものなので、そういう意味では気にするような問題ではないのですが、仕事量は変わりませんから朝遅く行けば、夜も遅くなるのは当たり前で、そう考えると、これは悪循環の始まりであり、あまり好ましいものではないといえそうですから、ずるずるその先まで行ってしまいそうなその"一線"をなんとか越えないようにしたほうがよさそうですね。

と、今気付いたのですがこの記事で先月に続き月間投稿数の記録が更新され"19"に。此処2週間の傾向だとあと1本くらいは書きそうですから、記録は"20"迄伸びそうです。朝と夜はまだ"一線"を越えていませんが、記事の記録は"一線"を越えたと。

あぁ、何時も以上にとりとめなく、まとまりもなく、それを無理やりまとめて、そんなこんなで。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-10-28 23:59 | 雑記
<< 現実として知覚するフィクション 来年こそは >>