困ったものです。
それにしても困ったものです。ここのところ崩れ気味の生活リズム。否、正しくは"仕事"のリズムなのですが、ここのところずっと夜遅くまで仕事をしていたおかげで、遅い時間じゃないと集中できないようになって来ました。
午前中は基本的に仕事が手につかず、午後早い時間帯は簡単な作業系の仕事、夕方くらいから徐々にペースを上げて、18時あたりから本調子で重ための仕事に突入といった感じ。重い仕事の後には種々雑多な細々した仕事が多数発生するわけですが、それを処理するために必要な人達はとっくの昔に家路についているものですから当然仕事は次の日に持ち越しとなるわけで、結局仕事全体が徐々に後ろにずれていくことに。
幸いなことに仕事量は一時的に落ち着いてはいるものの、本質的な量が減ったわけではなく、いつかはやらなくてはいけない仕事が山のように残っている状態。このまま仕事時間が後ろにずれ続けると近いうちに大変なことになってしまいそうです。
まぁしかし、そんなことを言いつつも誰もいないオフィスで粛々と、好きな曲を聞きながら仕事をするというのもそう悪いものではないなと思いつつもあったりして、是正する気が全く起きない状態。困ったものです。

そういえば先日見た「変身」はひどいものでした。映画を構成するそれぞれは、"それぞれの視点"のみから見れば決して観れないものではなかったかとは思うのですが、その"それぞれの視点"てのがてんでばらばら。映画のジャンルすら超えた視点が要求され、全体としての統一感というか調和が全く無く、総体として観れたものではないものに仕上がっていました。これが原作に忠実であるか否かは恥ずかしながら原作を読んだことの無い私は判断付きかねますが、恐らく話の本質的な部分を表現し損ねている、あるいはどちらかというと表現したつもりでもそのほかの部分が台無しにしているのではないかと思っています。その確認のため、アマゾンで原作を中古本で購入して読んでいるところです。蛇足ですがこの中古本、状態が悪いわけでもないのに5円でした。こうも安いと商品自体が数十冊と買えてしまう程の手数料と送料がやけに勿体無く感じてしまいました。安すぎるというのも困ったものです。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-11-25 23:59 | 雑記
<< ゲバラの亡霊に 蛇足の後付に >>