David Lynch Night
今週は銀座テアトルシネマのデヴィッド・リンチ・ナイトに行って来ました。

「Mulholland Drive」
「Straight Story, The」
「Elephant Man, The」


「マルホランド・ドライブ」は見逃していた作品だけにうれしい公開でした。難解だとは聞いていたので構えてたのですが、確かに難解。前半はリンチらしい映像も少なく、ちょっと油断してたんですが、クラブのシーンあたりからは一気にリンチワールド全開。細かい部分はもう一回くらい見ないと分かりませんが見事な作りでした。

「エレファント・マン」はビデオでしか観たことがなったので、劇場で見れたのはうれしいですね。25周年も経つというのに全く古さと違和感を感じさせないのは、余計なものを含まない真実だけからなる作品だからなのでしょう。

リンチの作品群の中ではきわめて異色ではあるが「ストレイト・ストーリー」のロードムービーとしての完成度は何度見ても感心しきりです。設定と見せ方の時点で高い完成度持った作品です。兄に会うために始められた旅は人生の収穫と恵みの旅でもある。深淵で感慨深い話を変に涙や感動に結び付けようとするでもなく、さらっと撮るあたりが逆に感動を誘う。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-11-28 20:51 | 雑記
<< 虚構の中で静かに2人で ゲバラの亡霊に >>