映画に見る資本主義と墓穴
a0008075_1657126.jpg2005/5/29 K's cinema



「Woderland」(「ワンダーランド」)
(2003アメリカ/カナダ)


監督:ジェームズ・コックス
脚本:ジェームズ・コックス、キャプテン・モズナー、トッド・サモヴィッツ、D・ロリストン・スコット
出演:ヴァル・キルマー、ケイト・ボスワース、リサ・クドロー、ジョシュ・ルーカス、ティム・ブレイク・ネルソン



この作品を見て思い出したのが去年やっていた「モンスター」という作品。時代背景や登場人物などの設定が良く似ています。しかし件の作品よりも明らかにこの作品の扱いはぞんざい、すなわち上映規模が格段に小さく、また本国では件の作品よりも早く公開されていたにも関わらず、日本での公開が遅い。しかし作品の何処を比較しても明らかにこの作品のほうが出来が良い。同じ去年の映画を引き合いに出すなら、「SPUN」のようにスタイリッシュでテンポの良く、それでいて時折「2046」のときのドイルを思わせる映像。その映像に見事に調和した音楽は、当時を思わせるもので統一されていて心地がいい。さらにストーリーは黒澤の「羅生門」を思わせ、見事な構成に唯ただ感心させられる。この作品のどこにこのような扱いを受ける所以があるのかさっぱり理解できませんね。


少し調べてみると、この作品のUSでの上映時期には日本でもそれなりに流行った作品が多いよう。例えば同月には「The School of Rock」、「Kill Bill: Volume One」、「Mystic River」、「House of the Dead」、「Veronica Guerin」、「Texas Chainsaw Massacre」、「Pieces of April」、「Sylvia」、「Returner」、「The Human Stain」、「In the Cut」等、さらに翌月には「The Matrix Revolutions」、「Love Actually」、「Elephant」、「Master and Commander: The Far Side of the World」、「Shattered Glass」、「Gothika」、「21 Grams」、「Bad Santa」、「The Triplets of Belleville」等。大作、良作が目立ちます。もともとこの作品の公開規模はUSでも小さいですし、このような作品に囲まれては目立たないのも頷けます。しかしその逆に件の作品はというと同月に日本でも公開されたようなめぼしい作品は「The Butterfly Effect」くらい。翌月も「The Dreamers」、「Highwaymen」、「The Passion of the Christ」、「Twisted」、「Good Bye Lenin!」等。大作や個人的には好きな作品が幾つかありますが、今ひとつぱっとしない感じです。そこへタイアップでもしているかのように同日に「Aileen: Life and Death of a Serial Killer」という作品が公開され、もともと大作が出る時期ではありませんからそんな時期にこのようなことをしたら目立つのは当たり前、さらにシャリーズ・セロンの醜態が話題になりましたから日本の配給会社も目をつけるのも頷けるというものです。映画も所詮はビジネス。金を持つものが有利なのは言うまでもありませんが、残念な現実だなと。


まぁなんにしても、中身を見ればその差は明らか。"作品の出来"でいえば比べ物になっていないというか比べるのが間違っているという気さえします。また、この作品も実話を基にしており、件の作品に負けず劣らず悲惨な話なのでいくらでも"お涙頂戴"にできたにも関わらずそうしなかったことに、"事実"に対する誠実な姿勢が見えて大変好感を覚えました。

a0008075_16435333.jpg最後にこの作品について一つだけ欠点を言っておけば、実際にはほとんど関係ないのに"ポルノ"と関連付けられてしまって作品イメージが悪く、また、劇場もそのイメージに便乗したイベントをやっていたりしてコレが客足を遠ざけているのは確かだと思いますが、より致命的なのは作品中のセンスは良いのに、一部のポスターのデザインが余りにもひどいと言うことでしょうか。コレでは誰も見る気がしないのも頷けます。まぁ何はともあれ。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-06-07 16:58 | Movie(W)
<< 印象的、対照的 親子は血縁、男女は他人 >>