宇宙人にヒトを見て
a0008075_285488.jpg2005/7/2 VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ



「War of the worlds」(「宇宙戦争」)
(2005年アメリカ)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:H・G・ウェルズ
出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー



今更こんなことを書いても目新しくも何でも無いとは思うのですが、宇宙人と微生物は、アメリカとイラクであり、そしてそのままヒトとそれ以外ですかね。911を意識した描写は直接的過ぎるくらいでしたから、そういった月並な解釈は恐らくそこらへんに溢れていると思いますし、見た直後にも少し触れたので、取り立ててこれ以上書く気はないのですが、というよりも、この作品で何より歓迎すべきなのはスピルバーグが一昔前の彼のような作品を撮ったということ。久しぶりに見た彼のパニックの描写は現実的な感覚を抱かせるにも関わらず、どこか非現実的。つまりサメから逃げるのに砂浜でも走るといった、ありそうでいながらどこかおかしい描写。しかしよく考えるとパニックとはそういうもので、それをよくわかっているからこそ描ける情景であり、そういう現実と非現実の間にある溝の表現が彼のセンスであり才能であるなと改めて感じました。

で、そういえばこういう映画は前にも見たなと思い起されるのは、私は非常に好きですが世間一般には悪評高いシャマランの「サイン」であったりするのですが、これが「ID4」のように必死に派手な戦いを繰り広げる好戦的な人たちを中心におかず、一つの家族の家族愛と信仰心を、つまりはいずれも目に見えないにも関わらず、何故か人がすがりついてしまう、そういうモノを見事に描き出したように、この作品も家族の絆を描き出しているのですが、私の記憶が確かなら、スピルバーグは家族の絆とはつまり血のつながりのある子供であるといいたげな終わらせ方をしましたね。まぁ既に虚覚えなので定かではありませんが。そしてその繋がりを守るために父親は自らを貶めていくわけですが、ここら辺の描写はわりとあっさりと描かれていましたが、本質的には重たいわけで、つまり、人間の家族愛は裏返せば人間の非情さでもあり、恐怖の本質というか残酷さの根源でもあるということを反論の余地が無いほどの偶然性と、必然性のもと、誰もが常識として疑わないことのように淡々と描いていくわけで、こういう点がこの作品の恐ろしさの演出の根本にあったような気がします。

この作品に批判が集中するとすればあの戦争の終焉をもたらした原因についてだと思うのですが、しかし少し考えれば分かるように、これを批判する行為こそこの劇中の"宇宙人"と同じ思考を共有していることの証明。つまり端的に言えば、自己の能力の過信と、高慢な視点による、些細なものを見落とす可能性の否定。そして何よりそういった人たちが勘違いしているのが、微生物や細菌などの存在を知っているだけで完全な対策や対応が可能だと思っていること。そんなことが可能なら今の日本においても普通の人が耳にするようなそれらが原因の疾病は無くなるはずなのですがね。というより、そもそもそういう疾病自体発生しないと思うのですが。「否、ヒトの世界は別としてトライポッドみたいな兵器を100万年も前から作れる科学力があるのに・・・」という反論も聞こえてきそうですが、兵器の進歩と生物や生命に関する研究に相関はほとんど無く、現にヒトを見ても分かるように破壊先行で進むのが慣わし。生物や生命は壊せても造れないわけで、現物が手元に無ければワクチンも何もあったもんじゃありませんよ。あとは、宇宙人の目的でしょうか。しかしそれも戦争の目的なんて戦っている人間ですらわからないのだから、一般人が知る由も無いことは言うまでも無いことです。まぁこんなとこでしょうか。


で、個人的にどうしても気になったのが世間では割と評判の良いらしいあの子役。あれは演技とは言わないと思うのですが。唯気分が悪くなるだけでしたね。それと邦題。「宇宙戦争」に拘る必要は全く無かったのでは。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-07-21 02:19 | Movie(W)
<< 週末を粛々と すっかりご無沙汰 >>