夏の酷さに
盆休みはとうに終わっているというのに、それなりにまったりと時間を過ごしていたりするわけですが、それにしてもそろそろ夏も終わり。数年前までいた地元は、夏がそれほど酷くなく、そのかわり冬がやたらと酷いおかげで、秋は大して好きな季節ではなかったのですが、こちらに来てから、地元のすごし易い夏に比べて夏がやたらと酷いおかげで、涼しくなる秋がやたらと好きになってきたような、そんな気が。ていうどうでも良い話でした。

で、久々にここ覗いてみてトラックバックが増えているなと思ったら、どうやら巷に有名なスパムのよう。駄文ばかり並んでいるこの弱小ブログもスパムの対象になりましたかと、変な嬉しさがあったりも。で、そんなスパムのことなどよりも、それ以外の普通のトラックバックやコメントなんかを頂いている方々もいるのですが、更新頻度がガタガタに落ちてから返信なんかは出来ていませんが、そのうち時間があるときにさせていただきたいなと思っております。まぁ、こんな駄文を並べる前に返信しろという話もあるかとは思いますが、更新もしていないのにトラックバックやコメントだけを返すのも変な話かと思いますのでそこらへんはご勘弁を。

結局今年の盆休みは何処に行くでもなく、新宿周辺をフラフラと。おんぼろバイクもそろそろ歳のせいか、この休み中に何箇所も壊れ、修理に明け暮れたり、やっと修理が終わってちょっと走ったら警察の方々に3日連続でとめられたりで、まぁなんていうか、警察の方も暇ねってことで、適当に流して切符を1枚もきられなかったのが幸いでした。で、あとは適当に連れと酒びたりの毎日てな感じでした。あ、またどうでも良い話に流れてしまってますね。で、肝心の映画のほうは前回の更新以降見た作品は

「5×2」(「ふたりの5つの分かれ路」)
「Das Boot」(「U・ボート」(ディレクターズ・カット))

新作1本、旧作1本。毎年この時期は大してみる作品が無いのですが、今年はいつにも増して酷いような。夏の暑さ同様、酷ければ酷いほどこの後の季節が待ち遠しくなるもので、秋以降に期待ですかね。あ、べつにオゾンの作品が酷いといっているのは無いのですよ。夏休み映画がやたら幅を利かせていたなと、そういう意味ですよ。まぁ仕事も忙しかったので、これくらいがちょうどよかったといえば、そうなのかもしれませんが。てな感じで本日はコレくらいで。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-08-25 01:38 | 雑記
<< 映画と全く関係ない話 心理を真理に抗わせ、駄文を綴る... >>