まぁこれも見えない恐怖と言えばそうなりますか
携帯電話を持ち始めた当初はドコモのそれを使っていたのですが、ある日ふと、横柄で停滞気味なドコモに嫌気がさし、当時ドコモに非常に挑戦的なCMを流していたauに切り替え、それ以来ずっとauを使っており、今は数年前に出た白くて折りたためないやつを使っていたりします。非常に気に入っていたその電話も、最近その機種特有の欠陥らしいアンテナの根元部分の割れが生じたり、電池パックを止める部分の破損が生じたりして、そろそろ別のに変えようかなとも思っているのですが、なかなか気に入るのが無くて、唯一少し気になるのがアンテナの無い折りたためない奴だったりもするのですがいまいち踏ん切りがつかなかったりしています。しかし携帯全般について言えることですが、あのいかにも玩具っぽいデザインは何とかならないのですね。

で、なぜ携帯の話しなんかをしたかといえば、つい先日、と言っても先週末の話になるのですが、映画館を出て携帯の電源を入れるとに1通のCメールが。「30日から横浜に行ってるので、9/2日に会いませんか」と記述されたそれの送信元は不明な番号。Cメールはau同士で電話番号が分かっている相手であれば送れるメールですし、横浜は以前住んでましたし、昔の知り合いかとも思ったのですが、私の番号を相手が知っており、且つ会いたいと言ってくるような人で、私が番号を知らないヒトなんて心当たりありませんし、と言うか、そもそもこんな無粋なメールを書く知り合いに心当たりがありませんし、自分の電話番号をむやみに流布するようなこともしていませんから、どうせスパムかなんかの類だろうと放置しておりました。ところが昨日その番号から電話があって、興味本位で出てみると、実は私の母親だったと、まぁさして面白くもなんともないオチに落ち着きましたが、しかし良い年をして出会い系のスパムのようなメールを書かないでほしいですね。まぁ恐らく慣れないものを持ったものだから、使ってみたくなったのでしょうが。で、要件はと言うと仕事でこちらに来ているから、会わないかと、そういうことだったのですが、性格も合わなければ、話も合わないし、会えば口論にしかならない相手に貴重な時間を費やすのもアレなので、会ってもお互い良いことはありませんよ、と丁重に断っておきました。それにしても、迂闊に変な返信をしていたらどんな話しになっていたのか。想像するだけでも恐ろしい話です。まぁ返信すること自体ありえませんが。


話は変わって、やはり宣言は守れなかったのですが、凡そ1ヶ月ぶりに映画についての駄文をアップ。とは言ってもとっくに東京のスクリーンからは姿を消してしまった作品についてなのですが、よろしければ。と言いつつもいつにもましてネタバレ気味ですので、未見のかたはビデヲなんかを見てからどうぞ。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-09-02 01:07 | 雑記
<< 私が如何にして週末を過ごしたか 水面の下の意識 >>