しかし、ただ短ければ良いというワケでもありません
先日同様、やる気も糞もあったものじゃない満員電車に揺られて出社し、既に疲れ果てた感じでPCを起動。程なくすると、つい数ヶ月前まで毎週赴いていた出張先の南の国(否、実際には東京とほとんど緯度が変わらず、イメージの中だけ南なのですが)で一緒に仕事をしていたヒトがメッセンジャーにログオンしてきて、こんな時間に珍しいなと思っていたら、「今日は台風のおかげで仕事が休みになりました」と。「そんなに酷いのですか?」、「今はそれほどでも無いのですが、帰る頃には電車は全て止まるらしいです」なんてやり取りをしながら、なるほど、確かに直撃してしまえばそれこそ交通インフラが麻痺しますから、半端に雨が降るよりも結果的に良いのかも、なんて考えたり。てことで、次の台風はどうか午前10時から、17時に掛けて東京を直撃しますように。と、遥か昔に過ぎ去った幼少の時に聞いた「学級閉鎖」なんて言葉を久しぶりに思い出しながら願ってみたりして、既にあったものじゃないやる気を仕事とは間逆に使ってしまいました。あ、しかし今思えば、学校は1日や2日休みになろうが大した皺寄せはありませんでしたが、仕事は休めばその分だけ皺寄せがあるわけで、うーん、そうすると交通麻痺もやはり中途半端。かくなるうえは某世界の警察の某州のように都市全体が麻痺するように願うことにします。と、不謹慎でした。

で、ここ数日長文が続いているものですから、此処でやめるのも何か足りない気がしてアレなのですが、しかしここ数日の長文に何か足りているかと言えばそうでもないわけで、であれば短いほうが良いというのは必然の帰結ですから、これはこれで良いとしましょう。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-09-07 00:40 | 雑記
<< 表は何処に 私が如何にして週末を過ごしたか >>