非情の中に幸せを感じて
a0008075_038897.jpg
2005/08/20 シャンテ・シネ


「5X2」(Five times two)
(「ふたりの5つの分かれ路」)
(2004年フランス)


監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム
出演:ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ、ステファン・フレイス、ジェラルディン・ペラス、フランソワーズ・ファビアン、アントワーヌ・シャピー



この映画で最も印象的なのはやはり序盤。弁護士が出てくるシーンではなく、2人だけのシーン。つまりホテルの部屋でのシークエンス。法的手続きを終えた二人は離婚した夫婦には似つかわしくない、ホテルの一室を訪れる。そこで2人は恋人達がするように、SEXをはじめるが上手くいかない。レイプにすら見える。傍目には駄目押しにすら見えてしまうこのホテルの部屋での出来事の後、部屋を出て行こうとする女に男が「もう一度やり直せないか」と言う。無謀にも程があるようにも感じるがしかし、恋愛は感情だけの産物で、そこには本質的にルールが無い事を考えると、この一連の出来事は男の最後の望みをかけたものであったことが伺える。

人は恋愛という感情の産物に対して、感情とは対極に位置する法律というルールを持ち込んだ。これによって恋愛はルールによって、終わらせることが出来るようになったかに見えるが、やはりそんなことはなくて、恋愛は感情だけで成立している。例え法律的に離婚しても、ホテルの部屋で上手くいくような2人はその後も上手くいくのだろうし、此処で上手くいかないのであれば、それは完全な終わり以外のなにものでもない。男はこの法律という表面的なルールに隠れているかもしれない、最後の感情を確かめようとしたのではないか。しかしもちろんそんなものは無かったわけで、逆にこの行為は駄目押しとも取れるような惨憺な結果を生むだけっだったりするのですが。


現在から未来の結末はどうやっても知りようがありませんが、現在に対する過去の遠因は探れる、否、探ってしまうのが人の常。"現在"の顛末を知った観客はどうしてもその原因を過去へ求めてしまうのですが、オゾンが用意した映像が果たしてこの"現在"へ直接通じる原因だったかというとそれは明確には語られず、専ら男の視点から語られるこの"過去"の物語は、あるいはホテルに一人残された男の思考のほんの一部を描いただけという可能性も安易に捨てられないとも思えたり、つまりは男が現在の遠因を過去に求め、さらにそこから観客が遠因を推測するという、二重の妄想がそこにあるだけで、じつは彼女が考えていたことはもっと別のところにあった可能性も捨てきれないのでは。

思い起されるエピソードは冷静に考えればいずれも、そこまで深刻な話でも無いような気がしますが、あのような"現在"を見せられてからではどう見ても離婚の遠因に見えてしまったりしてしまいます。それは、一番不幸な現在から遠いはずの最後の出会いのシークエンスですら例外ではなくて、二人が海に向かって一緒に歩みだして直ぐに、日は山の陰へと隠れる。そんなことにまで、あまりに残酷というか冷徹な比喩を見いだしてしまったり。

否、しかし喧嘩で済みそうな話や、日が沈むというあたりまえの現実を映したシークエンスを残酷と呼ぶのだとすれば、全てから同じような比喩がいくつでも見つかると言うもの。しかし仮にそうだとしてもそんな残酷な現実に生きているわりには意外と人は幸せな時間を多く持っているのかも知れない。そんなことを時間だけでなく物語りそのものをひっくり返すのが好きなオゾンは言いたかったのかもしれない。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-09-21 00:40 | Movie(数)
<< リビングデッドに花束を どういうわけかは知りませんが、 >>