さてさて、ではでは
さてさて、常態と化した週末更新。仕事が忙しくて、まともにウェブも見られない始末なのだから仕様が無い、というかそのような状態であれば当然書くことも無いと、そういった惨憺たる状況。こうして人生は無為に過ぎていくものなのですねといった感じ。

それにしても困るのがこの時期特有の"年末行事"。先月は既に2回ほど。今月にいたっては既に3週間が埋まっている始末。かろうじて"似非善人"の宗教家の誕生日といわれている週と、その前が空いている常態。これでいつ映画を見れというのか、ホントに困ったものです。まぁ今の時期はたいした映画はやっていないといっても、くだらない"年末行事"に出席するぐらいなら同じくだらないでも映画を見ていたほうが良いわけで、要するに、無為な人生がさらに無為に過ぎるという苦痛を味わう時期が今なわけです。とは言っても、さすがに私も人。年中週末を映画館に篭って過ごしているいるのであれば、年末くらいは顔を世間、日のもとにさらさなくてはと思い、生真面目に出席するわけです。まぁ出席すればそれなりに楽しい時間がすごせてしまうのですが、なんといっても次の日への影響が・・・。と今週もまたアルコールが入った状態での"愚痴"更新となってしまったのですが、そんなことより何より。

先週は、

「Jの悲劇」

を鑑賞。久しぶりの純正サイコ系。久しく見なかったこのジャンル。やはりテンションの張り具合が難しい。この作品は緩みすぎず、きつすぎず、悪く言えば平坦とも聞こえそうですが、そういうわけでも無く、常に一定のテンションを保った展開には好印象。そして何よりこの作品は、劇場で頻繁に流れている予告にも見て取れるような、"時間の描写"が秀逸。"時間"という無形のものを"映像"という有形のものに転化する技術がずば抜けて旨い。その見事な映像にあっというまに世界に引き込まれるわけです。また、作品のテーマは原題にも見て取れるように、不完全ながら、なかなか深遠。さらに画も単純に綺麗ですし、この時期としては必見の作品でしょう。

今週はたいした作品もないことですし、久しぶりに邦画でも見ようかと。まぁ正直おっかなびっくりといった感じで、逃げ腰気味ですが、まぁとりあえず暇つぶしにはなるだろうかと。ではでは。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-12-03 00:20 | 雑記
<< まぁあれです 夜も更けて >>