彼はきっかけに過ぎず
a0008075_1435129.jpg
「Da Vinci Code,The」(「ダ・ヴィンチコード」)


(2006年米)
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス 、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン 、アルフレッド・モリナ 、ジャン・レノ


欧米で絶対視されてきたキリストの神性を否定するかのようなこの作品。製作段階から、著作権やら不買運動やら、カンヌでは冷笑やら一転喝采やら、何かと話題には欠きませんでしたが蓋をあけてみれば、凡作の域を出ない仕上がり。まぁ期待していなかっただけましですが、なんとも陳腐と言うか駆け足と言うか。原作はしっかりしているのでしょうが、映画の枠にはどうにも収まりきらなかったようです。まぁ原作は読んだことがないのですが。

それにしてもタイトルにも名を馳せる彼は最後のほうには全く出てこず、ルーヴルの宣伝のような終わり方をするこの作品は、世間一般ではどのように受け入れられているのか、甚だアレです。
[PR]
by nothing_but_movie | 2006-05-24 01:44 | Movie(D)
<< またまた、今更な話しが 人が人として >>