2004年 06月 15日 ( 1 )
R指定!?
このところ毎日のように話題を提供してくれるマイケル・ムーアですが、14日付のロイターによると、「華氏911」にアメリカ映画協会から"R指定"の評価が下されたようです。

通常ドキュメンタリーは審査等は特にされずに、公開されるようなのですが、ドキュメンタリーとしては、最大級の500~1000館での封切が災いし、審査が必要になったようです。

劇中の戦争の因果関係についてのイメージが、R指定の原因となったと推測されていますが、IFC(配給元)はこのことについて、「ニュース番組で見るものとさほど変わらず、このR指定は不当である」と反論しています。

6/22に再審査が行われるようですが、内容の修正を行わない限り、PG-13指定を取るのは難しいようです。

このR指定による一番の影響は、ムーアが見てほしいと考えている、2、3年後に徴兵され、イラクに派遣される可能性のある、15、6歳の少年が、親の同伴が無ければこの映画を観ることができ無いという点でしょう。

「彼らには、イラクで実際に何が起きているのか知る権利がある」ムーアはそう主張しています。

難しい判断を迫られているムーア。今後の動きも気になるところです。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-06-15 12:12 | 雑記