2004年 09月 21日 ( 1 )
古臭くも心地よい
2004/9/19 新宿トーア



「ハイウェイマン」
(2003米)

監督:ロバート・ハーモン
出演:ジム・カヴィーゼル、ローナ・ミトラ、フランキー・フェイソン、ゴードン・カリー、コルム・フィオール

うーんとうならざるを得ないタイトルと、その宣伝文句。
時代錯誤もいいところです。
上映開始時の邦題タイトルの色使いがセンス無さすぎです。

しかし、終わってみれば、先週見た似非プロファイリング&サイコ映画よりもずっとしっかりしてました。意外な掘り出し物ですね。

そこそこ無理の無い展開だけど、ところどころにある強引な展開、どこか悲しげな雰囲気を漂わせる孤高のヒーローが一人で悪に立ち向かう。そしてその相手も律儀なほどヒーローをかまってくれる。
こんな古臭い設定が、過ぎ去りし日の名作たちを彷彿とさせました。

その古臭い映像や設定やストーリーなど、全体からかもし出す雰囲気と、低回転のごろごろ言うエンジン音がベストマッチして、作品全体としての完成度は結構高めだったのではないかと思うわけです。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-09-21 00:22 | Movie(H)