2005年 01月 18日 ( 5 )
動かないことによる
夜中の12時まで普通に動いていたのに、朝の9時に起動させたらOSファイルの一部が壊れているというのはどういうことなんでしょうね。ということで、木曜の夜中まで動いていた会社のPCが金曜の朝立ち上げてみたらOSがまったく起動せず。幸いその他のデータは無事だったようなので、取り出してデータを吸い出したりなんだり朝っぱらからばたばたしていたら、あっという間に夜になったと。そんな感じの先週末でした。と、そんなことはどうでもよくて、ひとまず週末に見た作品を列挙しておくと、

「ネバーランド」
「オーシャンズ12」
「キス・オブ・ライフ」
「クレーヴ婦人」

でした。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:24 | 雑記
1本目は金曜の深夜に新宿にて。
2005/1/14 新宿東亜興行チェーン

「Finding Neverland」(「ネバーランド」)
(2004年 英米)

監督:マーク・フォースター
脚本:デヴィッド・マギー
出演:ジョニー・デップ 、ケイト・ウィンスレット 、ジュリー・クリスティ 、ラダ・ミッチェル 、ダスティン・ホフマン


私の前の席に座っていた輩はしきりに、構図を指差して図りながら見ていて大変煩く、さらにしきりにバリバリものを食うのに耐えかねて席を蹴り上げてやったらおとなしくなりました。構図に占めるあなたの頭や手の割合が非常に鬱陶しかったのですヨ。構図を学んでいるなら御理解頂けるのではないかと。
ところどころで垣間見れる配色は見事だったかと思いますが、それ以外はどうにもちぐはぐな印象が。とってつけたような表面をなぞっただけの"イイ話"というのではいまさら誰も感動なんてしませんよ、子供じゃあるまいし。しかし、この作品に倣うなら、映画も所詮"Play"ですから子供が面白いと思えばそれでいいのでしょう。私はそうは思いませんが。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:23 | Movie(F)
2本目は土曜の昼間に六本木にて。
2005/1/15 VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ

「Ocean's Twelve」(「オーシャンズ12」)
(2004年 米)

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:ジョージ・ノルフィ
音楽:デヴィッド・ホームズ
出演:ジョージ・クルーニー 、ブラッド・ピット 、ジュリア・ロバーツ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、アンディ・ガルシア


相変わらず音楽はよい感じでしたが、服や小物や映像自体なんかは前作の方が勝っていたような気が。そしてストーリーはなんともやっつけで比較になりません。途中にいくつかある子ネタくらいしか面白いと思えない有様。とりあえず、仲の良いやつを集めて、適当にお遊びで作ってみましたといった印象。本来なら私蔵フィルムとなるべきだなというのが思うところ。今からでも遅くないので、死蔵しておいたほうがよさそうですよ。ソダーバーグ氏。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:22 | Movie(O)
3本目、4本目は同じく土曜日に渋谷にて。
2005/1/15 ユーロスペース

「KISS OF LIFE」(「キス・オブ・ライフ」)
(2003年 英仏)

監督・脚本:エミリー・ヤング
出演:インゲボルガ・ダプコウナイテ 、ピーター・ミュラン 、デヴィッド・ワーナー 、ミリー・ファインドレイ 、ジェームズ・E・マーティン


3本目はなんともありがちな話で、いくつもこんな作品を見たことがある様な気が。似ていても良い映画は良いわけですが、正直この作品はいただけなかったのではないかと。似たようなシーンが延々と繰り返されるだけで、何も深まりもせず、広がりもせず、終始淡々と。言いたいことは良くわかりましたが、もっと簡潔にしていただけるとよりよかったかなと。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:21 | Movie(K)
最後は長老オリヴェイラのリバイバル。
2005/1/15 ユーロスペース

「je rentre à la maison」(「家路」)
(2001年 葡仏)

監督・脚本:マノエル・デ・オリヴェイラ
出演:ミシェル・ピッコリ 、カトリーヌ・ドヌーヴ 、ジョン・マルコヴィッチ 、アントワーヌ・シャピー 、レオノール・シルヴェイラ



"相変わらず"という言い方は正しくないですが、相変わらず動かない画面の中で展開される話は腰が据わっていて見ごたえ十分。画面が動かないため、役者に求められる演技のレベルは非常に高く、そしてまた台詞にも膨大な情報が詰め込まれるわけで、映画というよりは舞台が比較的固定的な演劇や、小説に似た感覚が観賞後に残ります。来週もオリヴェイラは見に行くつもりです。


動くことが普通と思っているものが、動かなくなることによって発生する人の負担とは意外にも大きいものだなと、映画の内容とは別の部分に気が行ったりして。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:20 | Movie(J)