2005年 06月 13日 ( 1 )
印象的、対照的
金曜は梅雨のような空模様だった割には、土曜、日曜、本日とそれなりな天気でそれなりに気分の良い入梅最後の週末を謳歌しつつ、これから始まる蒸し暑い季節に早くも疲弊していたりして。

先週は中ごろから若干の休みをもらい、新宿あたりをぷらぷらと。水曜日に歌舞伎町で「ミリオンダラー・・・」を再見した帰り道に折ったか何かして後ろ足をひきづっているネズミがいたのがなんとなく印象的。

その後、懐かしい

「ボーイズ・ドント・クライ」
「マリー・アントワネットの首飾り」

を早稲田松竹で再見。前者はいつ見ても何処となくテンポが悪い感じがします。

木曜、金曜は休みにも関わらず殊勝にも出社したりして土曜、日曜にそれぞれ、

「バス174」
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

を鑑賞。映画の体裁を持たない中身のある話と、映画の体裁をとった中身の無い話しといったら極端ですが、そんなある意味似ていて対照的2作品で週末を終えました。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-06-13 17:28 | 雑記