2005年 08月 16日 ( 1 )
心理を真理に抗わせ、駄文を綴るわけです
何のことは無くて要は今週やっと休暇を取れることとなり、休暇中な訳ですが、それにしても残念ながら巷は夏休み映画最盛期、つまり興味がある作品が無いなと、そんな感じで、休暇を無為に過ごしてみたりしているわけですが、しかし考えてみれば、映画を見るなんて休み方は、仕事が休みの普通の週末に嫌というほど、それこそ毎週やっているわけで、であれば今のように映画を観ずにただただ、だらだらと、そんな感じで毎日を過ごすのも良いなと、思ったり思わなかったり、とは言ってみたものの、現実的にいつも休日に映画ばかり観ているような人間がいきなりそんな風に休日を過ごせる訳が無く、早速土日にこれまで見そびれていた映画を見に行ったりはしたのですが、所詮本数が少なく焼け石に水、残りの日は何して過ごそうかなと、そんな休みに入る前に考えて然るべきことを考えるだけで、休みが終わってしまいそうな、そんな無為な感じが周囲に満ちつつ、しかしながらそういえばTNGが1シーズン目以外開封もされずに並んでいるなと、改めて気付いたりして、先日本日とそれなりに見たりしたのですが、ふと1シーズン大体26話で7シーズン、つまり時間に直すと182時間、寝ないでみて7日と少し、ということは私のような典型的なサラリーマンがとる、アという間に終わるような短い休みの間には到底見終わるはずも無いなと気付いてしまい、であれば何も今急いで観ることも無いな何てことを思ってしまったりしてなかなか進んでいなかったりもするのですが、そんなことを言ってもこの機会に少しでも見ておかないと次に腰を落ち着けて見れるのはいつになることやらと、そんな気もしないわけではないので、前述のように見ていたりするわけですが、まぁしかしいつに無く、いつもの通り夏らしくない夏が過ぎていくなと、そんなことを考えながら今夜の花火のような雷を眺めつつ思ったり、明日は何をしようと思いつつ、この無為な休みが無為なまま終わることを避けようとする心理がごとく、この駄文も続いた訳ですがですが、やはりいかなるものにも終わりはあるという真理のほうが、私の心理などよりもよほど普遍性がある訳で、つまり久しぶりに綴られた本日のこの無為に終わりが無く、そして無為そのものの駄文も、先日見たいずれも愛に溢れ、非常に印象的な作品名を忘却に備えて書き記すことを最後に、終わりを告げるのです。

「Vera Drake」
「Tarnation」
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-08-16 01:14 | 雑記