カテゴリ:Movie(B)( 6 )
蝙蝠は必死に飛ぶ
a0008075_2342136.jpg2005/6/18 VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ




「Batman Begins」(「バットマン・ビギンズ」)
(2005アメリカ)



監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー
出演:クリスチャン・ベイル 、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン


お金が普通以上にあるというだけで後は普通のおじさんな男があんな格好して子悪党と戦う様はやはりなんと言ってもナンセンス。有り余る資金力と技術力を活用して、もっと他の方法を模索すればといつも言いたくなってしまったりもするのですが、まぁそうしないところが彼の魅力。そしてまた、彼が他のアメコミヒーローと異なるのは何の特殊能力も持ち得ず、武器と体術だけで戦うヒーローとしてはなんとも地味な点ですが、それもやはり彼の魅力なのです。そんなわけで、彼を語るときに私の口をついて出るのは"弱格好良い"あるいは"ダサ格好良い"そんな言葉だったりします。

もしアクションを期待している人がいたら、この作品の中心にすえられているものは別のものですから見ないほうが良いように思いますね。そもそもただのおじさんなのだから想像すればわかるように格闘シーンなんかは地味なことこの上ない。それを意識してか、それなりに見れるシーンにはなっていますが、意図的にわかりにくく撮っているように感じました。ただ「フォロウィング」「メメント」「インソムニア」でも見られたような印象的な画は随所に見られます。


悪の組織に育てられ、それに反旗を翻し、自分の存在に悩みつつもそれらと戦う彼の姿は、大昔に古本屋で立ち読みした「仮面ライダー」のオリジナルに被る部分があります。しかし仮面ライダーと違うのは彼の場合は表情の一部がその仮面から見えるところ。そのおかげでキャラクターの全体像はクールに仕上げられていなながら、時折"必死さ"が垣間見え彼が生身の人間であることを意識させる。一般のヒーローが人間とヒーローの姿を完全に分離して、つまり生身の部分が無いのに対して彼の場合はそうではなく、そうすることで彼は常に人間を感じさせ、それは間接的に常に人間としての"苦悩"がそこにあることを感じさせる。これまでの作品での彼の描かれ方は時折見せるそんな人間らしい姿とは裏腹に孤独のヒーローそのもの。一般の人とはほとんど言葉を交わさず、どこからともなく現れ、どこともなく消えていく。近寄りがたく"正義のヒーロー"には似つかわしくない影を持ったミステリアスな存在として描かれており、それはギャップを感じさせるとともに、彼の孤独さがことのほか強調されていました。

今回の作品のこれまでとの大きな違いは、積極的に彼の理解者を描いて見せたこと。そしてそれと同時に彼の根源とも言える影の部分もクローズアップし、モノトーンで平面的でミステリアスだった彼のイメージを立体的に彩を与え、より人間らしく描いた点ですね。これにより彼が今まで以上に人間くさくなったのはもちろんのこと、影を感じさせながらも心を開いた正義のヒーローらしい一面を持ち、それでいながら影こそ彼の彼足る所以であるということを明確に示しました。今までありそうでなかったアプローチですね。


常にバタバタと必死に羽を動かしながら何とか飛ぶコウモリの姿は、時にはあっさり負けたり格好の悪い失敗をしながらも、必死に戦って何とか勝つ、そんな彼の姿に良く被ります。コミカルな部分や、シリーズ中では使い古されたようなギャグを織り交ぜつつ、豪華なキャストでBatmanの魅力を余すところなく描ききったこの作品は個人的には非常に良くできていると思いました。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-06-21 23:10 | Movie(B)
見えない存在。見れない映画。
a0008075_12425432.jpg2005/06/11 ライズX




「BUS174」(「バス174」)
(2002ブラジル)

監督:ジョゼ・パジーリャ



正直これは映画館では基本的にやってはいけない作品ですね。これには理由が二つあります。

まず一つ目は間違っても映画の体裁ではないということ。まるっきりドキュメントというかニュース映像とインタビュー映像そのまま。いくらドキュメンタリーだと分かっていても、大抵はそれなりの"映画"としての作品を求めて映画館に行くわけですからこれはある意味反則的とも言えるのでは。

2つ目はそもそも此処に描かれていることは具体的な数値やなんかには不足があるので鵜呑みにするのは非常に馬鹿のようであまり好ましくないですが、もし偽りが無かったとすればこれは映画館ではなくもっと一般の目に触れる方法で見せる必要がある気がします。そういう意味で映画館でやって満足するべきものではないように思いますね。


まぁというわけで、映画としてはどうにもいただけないのですが中身は凄い。"犯罪による自己の社会への顕在化"という視点は日本ではあまり語られないですが、この視点が適用できる犯罪は日本にも多くあり、非常に的を得ているように思います。何かといえば「親や学校が原因ダ!」あるいはさらに支離滅裂に「ゲームや漫画のせいダ!」、「イヂメのせいだ」等と比較的低く浅い視点で語られることの多い日本社会の"犯罪心理学"といわれるよく分からない学問という名の皮を被った唯の好奇心あるいは野次馬根性とはかなりの隔たりを感じます。今の犯罪抑止のためのシステムの根本にある限界をブラジルという国は体現していて、それを内部から正面を向いて映している点は非常に評価できます。だからこそこの作品は映画では無くテレビ等の所謂マス・メディアが扱い、客観的な数字等を併せてもっとじっくり多くの人が見る環境を作るべきだなと思いますね。


社会の残酷さと今のままでは解決できないシステム的な矛盾と限界、それに伴う悲劇を描いたこの作品は、今の日本では渋谷のたった一つの映画館でしか見ることが出来ない。このことは日本においても彼のような存在には誰も興味が無く、存在を直視している人間がいないということを示しているのかもしれません。つまりこの作品で語られる問題はブラジルだけでなく既に日本にも少なからずあるということで、そうであればこの作品がテレビで放送されず、映画として上映されたことはある意味必然というか、むしろ評価に値するのかもしれません。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-06-17 12:42 | Movie(B)
諦めという名の未来において
a0008075_0402592.jpg2005/5/15東劇



「Butterfly Effect, the 」
(「バタフライ・エフェクト」)
(2004米)

監督・脚本:エリック・ブレス 、J・マッキー・グルーバー
出演:アシュトン・カッチャー 、エイミー・スマート 、ウィリアム・リー・スコット 、エルデン・ヘンソン 、メローラ・ウォルターズ




所謂時間ものの良作がなかなか無いのはやはりその整合性を得ることの難しさに起因するのでしょう。その難しさを克服していたかどうかは良く覚えていませんが、作品として非常にインパクトがあり記憶に残っているのがゼメキスの「Back to・・・」、そしてあえてもう一つあげるとするならTNGテレビシリーズの最終話でしょう。まぁ後者については昨年あたりに公開された「STX」が見事にこの秀作を無視した話を展開してくれましたが。

この作品について言えば、難しさの克服と言う点では多少なりとも粗はあるわけですが、しかしそれを気にさせない作品の展開には非常に目を見張るものがありました。これ程作品にひきつけられたのは久しぶりなのではないかと。良く観れば製作陣は非常に豪華。個人的に評価の高い人たちが監督の周囲を固めているようで、妙に納得してしまう感じです。


この作品の根底に流れているのは、"時間を支える記憶"、あるいは"記憶によって成立する時間の流れ"すなわち、記憶という脳機能そのものが時間の流れをつかさどっているという考え。なるほど確かに時間軸に沿った空間の認識という機能が備わっているからこそ時間の概念は生まれるわけで、もし認識されていない時間すなわち失われた記憶があればそれをどうしようと、認識機能に依存するわけです。とはいえやはり人間は空間にも支配されているわけで、それがゆえに時間旅行は制限を受けざるを得ないのです。その結果、精神的な時間旅行はいともたやすく可能ですが、それは空間から切り離されており、その旅先で何をしようとも実空間に影響を与えることが無く、つまり所謂空想、あるいは回顧や懐古になってしまうのです。

この作品で空間を伴う時間旅行が可能になった彼が当初とった行動は"回顧"による未来の改変。ところがその目論見は上手くいかず、次第に"未来"への"懐古"的な思いを元にした過去への"回顧"へと、本来人がとるべき行動とは完全に逆の変遷を示します。つまり彼の視線は次第に未来へではなく、過ぎ去った過去に集中していくのです。しかしそれもどうにも上手くいかず、最終的に残された選択肢は、決別と言う名の彼女への思いだけだったわけで、それには諦めと犠牲と言う言葉が見事に当てはまるのですが、それこそが彼の時間を未来へと進める決定的な要素となっているあたりが、当たり前の帰着ではありますが皮肉であり、非情であるなと。

皮肉あるいは非常であろうともそれこそが人間に与えられた唯一の選択であり、現実なので、仕方がないと言えばそれまでなのですが、もしこの"非情で皮肉な現実"を変えようとするなら、その手段は記憶の保持と言う機能そのものの廃棄しかなく、それこそ無味乾燥であろうなと。あるいは少し前に上映されていた「エターナル・・・」のような方法もあるかとは思いますが、それはそれでまた未練がましく、滑稽だったりしてどうにも始末に悪いように思われます。つまり記憶は傷をつくる場合も確かにありますが、それにも増して成長や進歩をもたらしてくれるものとして我々に備わっているということでしょうか。これもまた当たり前の帰着ですが。


人一人が持つにはあまりにも長く永遠ともいえるような過去と、可能性としての未来の記憶、それに大きな思いと苦渋の決断を封入した頭蓋を戴き、諦めという名の未来を生きる彼。偶然彼女を見つけることで再び時間の流れは変わろうとするかに見える。しかしながら流されることなく、決断を覆すことなく、その大きな思いを胸に彼は彼女の背中を見送る。そして彼女とは間逆に、遠ざかるように前へと進む。あまりに象徴的で印象的であり、さらに非常に感傷的。しかし"諦め"から導かれた未来でありながら寸分も悲観的ではないシーンでこの作品は幕を閉じるのです。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-05-24 00:47 | Movie(B)
どこと無く雰囲気が似ているのでしょうか
2004/12/26 銀座シネパトス



「BLESSED」(「エヴァンジェリスタ」)
(2004年英)

監督:サイモン・フェローズ
脚本:ロバート・メアーンズ 、ジェイソン・ロスウェル
出演:ヘザー・グレアム 、ジェームズ・ピュアフォイ 、デヴィッド・ヘミングス 、アンディ・サーキス 、ウィリアム・フットキンス )


出演者が途中で亡くなってしまったため、中途半端な出来になってしまったようですが、まぁしかし、それを差し引いても出来が良いとは言いがたいですね。
といいつつも個人的な趣向でいえばそれなりに好きな雰囲気を持った作品ではあったので、それほど退屈することも無く見ることが出来ました。

なぜかやたらと「キングダム」を思い出したりして。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-25 14:36 | Movie(B)
くるくると日が廻り

「ビハインド・ザ・サン」



朝は一般的な時間に出社して、夜は遅くに帰ってくるという生活を此処のところ毎日過ごしているおかげで此処のところ平日は、プライベート等といえる時間は飯を喰って寝るほどしかなく、そのせいか毎日飛ぶように時間が過ぎて行きます。時間が経過しているのは確かですが、それが私にとってそれが本来持ちえる価値のどれほどを与えているかという事を考えると、本質的にはほとんど時間が経っていないのと同じような、そんな感じもします。つまりどういう状態かというと、同じところを延々とくるくる回っている状態、というのがこの状況を表すのに最も適しているというか、安易というか。

先日見た「ビハインド・ザ・サン」は人生や人間の世界そのものを全て円運動になぞらえ描写していました。サトウキビを搾る人々、殺しの循環の中で生きる人々、町を回るサーカス。つまり円運動こそ人の世界そのものであり、毎日違うことをしているようで、同じところをぐるぐる回るのが人生というものの本質というわけです。
サーカスの女がよじ登った綱を男が延々と回すシーンがありましたが、彼はまだ日の高いうちからその綱を回し始め、日が沈むまで回し続けていたと思うのですが、この時間の経過に関する描写が私の見間違いや勘違いでないのだとすると、このシーンは人の一生涯を象徴するシーンでしょう。傍から見れば滑稽で馬鹿らしいことを延々と繰り返し、其れでもそれをやっている当事者たちは、そんな中にささやかな楽しさを見つけ、とり付かれたように延々と続けてしまう。そうこうしているうちに、高かった日は傾き、一生が終わってしまうと。この人生についての解釈を肯定的に捕らえるか、否定的に捕らえるかは個人の自由として、しかしあえて指摘するなら男は恐らく前者で、そのため家に戻るという選択に至ったのでしょう。

私の今の状態も正にこんな感じで、つまりあっという間に私の人生の日も傾いてしまうというわけです。そして映画とは違って、間違っても私の身代わりとなり、私をその円環から離別させてくれる人は居ません。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-11-09 23:59 | Movie(B)
世界は美しく広い。
a0008075_174049.jpg邦題:ビッグ・フィッシュ(2003米 「BIG FISH」)
監督:ティム・バートン
脚本:ジョン・オーガスト
原作:ダニエル・ウォレス「BIG FISH Novel of Mysthic Proportions」
出演:ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー


6/4 新宿東亜興行チェーン

よもや幻覚を見るとは思ってもいなかった。
何かってあの姉妹。最後の葬儀のシーンで、上半身だけを写した彼女たちの下半身を当然一対だと想像していたのが、葬儀が終わって2人が別々に立っているシーンが。
まさにいつの間にかティム・バートンによって催眠をかけられたごとく、幻想を、しかもスクリーンの外に見てしまっていた。
それは"ありえない"とわかっていることでも、自分が信じていれば、そのように見えるということのほか無い。

つまり人間にとって認識とはいかようにもバイアスがかかるものであり、それによっては、単なる「うそつき」にも「ビッグ・フィッシュ」にもなりえてしまうということなのか。
父エドワード(アルバート・フィニー/ユアン・マクレガー)を「うそつき」と否定しながらも、咄嗟に父親がBig Fishになる最期の話を作り出した息子ウィリアム(ビリー・クラダップ)は、それを自分で語り終わった瞬間に、捜し求めていた「父親の本当の姿」を、既に知っていたのだということを理解する。
いや多分正確には、"知っていた"というのではなく、どう"認識する"かなのだろう。そしてその認識を受け入れるかどうかなのだと思う。
父の本当の姿は自分次第で如何様にも変えられる。

人間の認識が本当に正しいか否かは誰にもわからない。そして正しい認識が良いとも限らないことは、あのウィンスローの滑稽な「3行詩」からもうかがえる。

この世界を自分で狭くする必要はない。
幻想の世界に生きたエドワード。そんな自由な幻想の世界ですら、それを共有してくれる妻や息子、そして友人がいれば、この世界はあまりにも美しく広がることができる。




それにしても不愉快だったのは他の客。
オールナイトは毎回気に入らないことが少しはあるのだが、今回はさすがに閉口。
人のすぐ隣の席の背もたれに臭い足を乗っけてくるヤツはいるわ、前の客は頭の上で堆くダンゴを形成してスクリーンをさえぎるわ、さらにそいつらは集団で来ていて、何回も見ているのか、映画の筋を上演開始前にギャーギャー話しているわで・・・。
結局、席が9割方空いていたことあり、上演開始直前に席を移動して事なきを得ましたが、何とかならんもんなのか。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-06-07 17:42 | Movie(B)