カテゴリ:Movie(J)( 3 )
人が人として
a0008075_132349.jpg
2006/5/21 シネスイッチ銀座

「JOYEUX NOEL」(「戦場のアリア」)
(2005年仏/独/英)

監督:クリスチャン・カリオン
出演:ダイアン・クルーガー 、ベンノ・フユルマン 、ギョーム・カネ 、ゲイリー・ルイス 、ダニー・ブーン


近代の戦争は「ジャーヘッド」にも描かれているように、個を失った戦争。「ジャーヘッド」の台詞を借りるなら「英雄を生まない戦争」これは同時に、人間的な思いも生まない戦争なわけです。そういう意味で、この作品の元となった実話が"第2次大戦"でも"湾岸戦争"でもなく、間違っても先の「イラク戦争」でもないのは言うまでもなく。なぜなら2次大戦ではガスが、湾岸戦争では空爆が"個"を失わせ、イラク戦争では戦争と言う概念そのものが見えなくなってきています。これがどのような影響を及ぼすかと言えば、「信心深い者もそうでない者も冬の焚き火に集まるように、そこに集い、戦争を忘れようとした。
」「しかし、戦争が私たちを忘れない。」という、この作品の悲劇性が凝縮されたこの台詞のような苦悩すら生まないと言うことなのです。それぞれが個として戦争に巻き込まれ、戦場で家族のことを語り、互いに思いやり、局地的には、戦争自体を回避した。

このようなことが、個を失った、相手の見えない戦争では生まれる余地すらないのです。

さて、話は明後日の方向に。「愛より強い旅」でさらりと言い放たれたように"音楽は宗教"である。それが持つ力と、キリスト教そのものが持つ力が合わさった時に欧米諸国の人々が受ける影響は絶大だなと。いろいろな宗派があるにせよ、根源的にはひとつのものを信じる宗教と、音楽と言う言語を超えた力を持つそれが合わされば、それに勝るものなどないわけです。それに比べ、スラブ、アジアに存在する宗教はそもそもが多神教。信じるものが複数あればその結束力は推して知るべし。いくら日本の音楽がアジア諸外国で流行ろうと、多神教ではあまり意味がないでしょうね。まぁ日本の音楽自体がアレですが。そういう事情もあってか最近日本の周りは何かと物騒な話題が多いようで、と、どうでも良い話。

わざわざ"個"が絡んでいることを米軍が"救出作戦"をニュースにして流すくらいですから、今後も戦争から個人の喪失は続くことでしょう。"個"がない戦争は残酷とか悲しいとか憎いとか、そういった感情すら生まない。それこそがもっと危惧することであることは、"人が人として殺しあう"ことと、"物と物が壊しあう"というなんとも陳腐な表現からも明らかに読み取れることでしょう。
[PR]
by nothing_but_movie | 2006-05-24 01:34 | Movie(J)
死後の人生は真白ではなく
a0008075_124382.jpg
2006/5/21 東劇



「Jacket」(「ジャケット」)
(2005年アメリカ)


監督:ジョン・メイバリー
出演:エイドリアン・ブロディ 、キーラ・ナイトレイ 、クリス・クリストファーソン 、ジェニファー・ジェイソン・リー 、ケリー・リンチ



ジョージ・クルーニーと、ソダーバーグが共同で設立したプロダクションらしいSection8。アカデミー賞に絡んだ作品を作ったのが要因なのか、ここのところ目にする機会の多い気がします。

で、この作品。久しぶりの東劇での鑑賞となったわけですが、作品の軸にすえられているのは、タイムスリップ。そしてそれを利用してヒロインの人生を豊かにすると言った筋書き。どっかでよく似た作品を目にしたなと思うまでもなく、ちょうど1年前にここで公開初日に鑑賞して絶賛したあの作品。つまり「バタフライエフェクト」。最後の終わり方も、若干ニュアンスが違うものの、推して知るべしといったところでしょうか。

例によって、事前情報をまったく入れないで見に行ったので、鑑賞中にはその画からソダーバーグが撮ったと勘違いしたくらい、それを意識した画作りのように感じましたが、どうなんでしょうか。それと最初の白黒の戦場のシーンは「Dr.Strangelove」、極彩色の虹彩のアップは「2001: A Space Odyssey」を想起。どうもキューブリックにも影響を受けているようです。ま、どうでもよいことですが。

「27歳の時に始めて死んだ。最初に死んだとき、そこは真白な世界だった。」と言う台詞とともに主人公が"死ぬ"ところから始まるこの作品。彼はこの事件のせいで若年性健忘症を患い、記憶が残らない状態になってしまう。この設定から「メメント」を想起するのは至極単純な連想ではありますが、メメントで中心に据えられていたこの設定はこの作品の中では中心ではなく"真白な世界"を構築する要素でしかないのです。すなわち、記憶が保持されなくなった"1度目の死"後の人生、常に冬として描写される湾岸戦争以降の人生、これこそが"真白な世界"なのです。

その真白な世界の中で効果的に用いられる"赤"は、その色から想起される"血"からつながる"死"と同時に"生"のイメージも併せ持っているようです。

"1度目の死"と言うからには2度目のそれがあるわけで、その死とは劇中の最後に訪れるものかと言えばそのとおりなのですが、実は"2度目の死"自体にはさほど意味はなく、より大切なのは「死を意識することから人生は始まる」と言うことでしょう。そういう意味であの"赤"が使用されている"引き出し"がその場所であることは間違いないでしょう。この中で彼の体は"ジャケット"のせいで自由が利かないのですが、この状態は1度目の死の描写で用いられた「頭は死んでいたが、体は生きていた」とは逆の状態であることがわかります。つまり死を意識できる、体が動かなく死んでいて、頭が生きている状態なのです。頭が死んでいたため、1度目は死を意識することができず、しかし確かに死んでいて、その後の人生は記憶にも残らないほど真白に白けた世界。しかし、2度目の死は"意識できる"状態でやってきて、ここから彼の人生は始まるわけですが、さて、それは。

「あと何時間あるの」の台詞の後は、死を意識したそれぞれに委ねられていますが、ひとつ考慮しなくてはいけないことは、季節が変わっていたと言うことでしょう。


「バタフライ」は大成功し、全国展開しましたが、2匹目のどぜうは如何に。若干一般受けしない感もありますが、完成度的には十分な作品。久しぶりに目が覚めました。
[PR]
by nothing_but_movie | 2006-05-24 01:14 | Movie(J)
最後は長老オリヴェイラのリバイバル。
2005/1/15 ユーロスペース

「je rentre à la maison」(「家路」)
(2001年 葡仏)

監督・脚本:マノエル・デ・オリヴェイラ
出演:ミシェル・ピッコリ 、カトリーヌ・ドヌーヴ 、ジョン・マルコヴィッチ 、アントワーヌ・シャピー 、レオノール・シルヴェイラ



"相変わらず"という言い方は正しくないですが、相変わらず動かない画面の中で展開される話は腰が据わっていて見ごたえ十分。画面が動かないため、役者に求められる演技のレベルは非常に高く、そしてまた台詞にも膨大な情報が詰め込まれるわけで、映画というよりは舞台が比較的固定的な演劇や、小説に似た感覚が観賞後に残ります。来週もオリヴェイラは見に行くつもりです。


動くことが普通と思っているものが、動かなくなることによって発生する人の負担とは意外にも大きいものだなと、映画の内容とは別の部分に気が行ったりして。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:20 | Movie(J)