カテゴリ:Movie(K)( 6 )
壮大にして空虚
a0008075_1345816.jpg2005/5/28 VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ



「Kingdom of Heaven」(「キングダム・オブ・ヘブン」)
(2005米)


監督:リドリー・スコット
出演:オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、リーアム・ニーソン、ジェレミー・アイアンズ、エドワード・ノートン



連れには序盤の乱暴な展開が至極評判が悪く、その結果作品全体の評価も大変低くされてしまったようです。確かに聖地に纏わる歴史に疎い場合には展開が暴力的なまでに早く、また説明不足で、ある意味所謂ご都合主義的な展開にも見えましたが、しかしそれは映画の出来が云々言う前にあなたが勉強不足というもので、まがりなりにも近年話題的にも関係的にもホットな二大派閥の歴史的な争いなのですからそれくらいは押さえておいてほしいところと言うのが製作側の本音ではないでしょうか。とは言ってみたものの、正直私も十字軍にも、宗教にも大して詳しく無いので、つらい部分があったのは確か。しかし予備知識など無くとも必要な情報は映画から読み取れるレベルであったり、常識的に知っている範囲だったと思うのですがどうなんでしょうか。また、予備知識があってもなくてもそれほど印象は変わらない気もします。まぁとりあえず、そう言うことで展開の荒さには目をつぶるにしても、それ以外の作品をまとまりの悪いものに見せている蛇足的なシーン、ホントにご都合主義以外なにものでもないシーン、動機が不明瞭な点はなんともいえませんが。総じて、壮大にして空虚、そんな言葉が頭をよぎります。しかし、争いの愚かさ、無意味さを説いたものであればこの印象は映画の方向性としてはそれほど反れたものではないなとも。多くの命が失われ、残るものは何も無いのが争いであれば、多くの労力、金、時間をかけてそれほど得るものが無かったのがこの作品。まぁ皮肉を言っても何にもなりませんが。


それにしても、"青の森"と"赤の砂"とでも言えば良いでしょうか、リドリーらしい映像美は大変良かったです。また、「Nothing. ...Everything!」この台詞もすばらしい。全てがここに収斂しているように思います。聖地自体に意味は無く、しかしそこには人々の喜びと、感謝と、安息、と慰め全てががそこにある。そういった信仰の本質のようなものと、この争いが争いのためのそれであり、無為なものであったという二重の意味を含蓄したものだったのでしょうか。まさに壮大にして空虚な争いを締めくくるのにふさわしい言葉かと。

洋の東西、人種を超え、また時代をも問わず今もあり続ける普遍の人間強さと弱さが宗教。多くの人の血を吸った地は今も聖地としてそこにある。信仰とは何か。争いとは何か。それを考えさせられる作品でした。




余談ですが、"Nothing"と"Everything"の間に入るとしたら"And"だと思うのですが、いたるところで"But"と書いているところが。どっちが正しいのでしょうか。まぁどうでもいいですか。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-05-31 13:13 | Movie(K)
3本目、4本目は同じく土曜日に渋谷にて。
2005/1/15 ユーロスペース

「KISS OF LIFE」(「キス・オブ・ライフ」)
(2003年 英仏)

監督・脚本:エミリー・ヤング
出演:インゲボルガ・ダプコウナイテ 、ピーター・ミュラン 、デヴィッド・ワーナー 、ミリー・ファインドレイ 、ジェームズ・E・マーティン


3本目はなんともありがちな話で、いくつもこんな作品を見たことがある様な気が。似ていても良い映画は良いわけですが、正直この作品はいただけなかったのではないかと。似たようなシーンが延々と繰り返されるだけで、何も深まりもせず、広がりもせず、終始淡々と。言いたいことは良くわかりましたが、もっと簡潔にしていただけるとよりよかったかなと。
[PR]
by nothing_but_movie | 2005-01-18 18:21 | Movie(K)
「軽薄な存在」
a0008075_22513198.jpg2004/7/24 新宿ジョイシネマ2


「キング・アーサー」
(2004年米)

監督:アントワーン・フークア
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:デヴィッド・フランゾーニ、ジョン・リー=ハンコック
出演:クライヴ・オーウェン、スティーヴン・ディレイン




その日は気分が良かった。
だから最後に締め&オチの意味で見た。

人物が軽い。そして話しも薄い。
予想通り、文句無く…。

予告編からひしひしと感じさせていた、緊張感の無い映と、キャラクター。
そしてセンスのかけらも無い色彩と造詣。

たるみきった雰囲気がそのまま本編でも続けられ、そして予備知識が無ければ、完全に支離滅裂な話しに、そして極度に薄められた話しのどこに観客はひきつけられれば良いのか。
予想通りなのでむしろ喜ばしいが、映画としては悲しすぎる。

ブラッカイマー、いまや金集めだけが生きがいか?いや、昔からか?
そしてそれも才能か。

いやいやブラッカイマーを攻めるのは筋違いか。
アントワーン・フークア。力量不足。これに尽きる。

そして膨大な予算は、無駄に多いスタッフに消えたか。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-07-26 22:56 | Movie(K)
Kill Bill vol.2 (3回目)
Kill Bill vol.2
Kill is Love
殺すことが愛情。

結論から言うと、派手でワールドワイドで、マニアックな夫婦喧嘩ということか。
犬も食わないけど、愛があればこその喧嘩。

そもそも、ビルがあんなことをしたのも愛情から、そして復讐するのも愛情から。
そして殺してしまうのも愛情から。

親子愛、恋人同士の愛、夫婦の愛、・・・そしてタランティーノのマニアックな愛、師弟愛があったのかはよくわからないけど、いろんな愛が詰まった映画だったのではないでしょうか。個人的にはこの世界観に感服。

最後の子供とテレビを見るシーンの前の、ユア・サーマン一人だけのシーン。
あそこに、膨大な量の、愛を感じました。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-05-19 20:01 | Movie(K)
Kill Bill vol.2 (2回目)
Kill Bill vol.2
あ、お叱りを受ける前に断っておきますが、ネタばれも含まれている可能性がありますので、まだ見ていない方は、ここから先は読まないほうが良いかもしれません。

そんなこんなで、Kill Billの中身。

さすがKill Billといいたいところだけども、やはりテンポと音楽と、いわゆるノリ的な部分はお世辞にもVol.1は超えていない。と感じたのが正直なところ。
しかし、どうもうっかりしていた。これは「ラブストーリー」なのである。アクションや、笑いは小出しで当然。それらはあくまでおまけであってメインは「ラブ」。
ん?ところがその「ラブ」がいつまでたっても出てこない。そして気付けば復讐を遂げていないのはBill一人。まさしく、どうなるKill Bill!?である。

ひとまずここまで。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 11:04 | Movie(K)
Kill Bill vol.2 (1回目)
Kill Bill vol.2その日は比較的多忙で、会場5分前くらいに映画館に到着。一瞬並んでいる列が見えたので、混んでいるのかな?と思い、すぐに指定席購入を決め、入り口にいた係員に購入方法を聞いたところ、窓口で買ってくれとのこと。指定席が残っていることを願いつつ、窓口に並んでいるうちに入場開始。やっと順番が回ってきて、指定席をくれというと、「前売り券を持っている場合は、入場後買ってくれ」なんとも無駄足。結局、最初に指定席について聞いた係員から指定席を購入。指定席が残っていたのがせめてもの救いではあるが、なんとも釈然としない対応。
まー、そんなことはさっさと忘れて楽しもうと思って入場してみると、大体4割ほどが空席。意外といい席も空いていそうな雰囲気。・・・指定席は無駄だったか。
やはりVol.1のすごさ(?)のせいか、vol.2を倦厭した人は多いみたいですね。
かくいう私も、Vol.1を見たときには、同じ路線でくるなら、Vol.2は見る必要ないなと思っていた一人ではあったけど、サブタイトルの「ラブストーリー」に引かれて見に来たわけである。
ここで一応誤解の無いようにいっておくと、私は別にラブストーリー好きではない。というよりむしろ苦手というか基本的にあまり見ない。
では、なぜ「ラブストーリー」に惹かれたかというと、Vol.1を見た人ならわかるかと思うけど、どうころんでもラブストーリーにはならない話だからである。つまり私の思考は以下の順を経たわけである。
「復讐」がテーマになっていたはずのKill Billがなぜ?→もしや、路線を変更したか?→しかし、Vol.1であれだけ独自の世界を作り上げた作品をただの普通な作品にするわけは無い→その答えが「ラブストーリー」か?→いづれにしても一癖ありそうだ→では見てみよう。
つづきはまた。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-27 15:26 | Movie(K)