カテゴリ:Movie(T)( 4 )
終点ではなくて
a0008075_2116088.jpg2004/12/19 新宿プラザ


「Terminal, The」(2004米)
(ターミナル)

監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:サーシャ・ガヴァシ、ジェフ・ナサンソン
出演:トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ、チー・マクブライド、ディエゴ・ルナ


実物大や其れに近いセットを組むのは最近では別に目新しくもないことですが、空港のターミナルサイズのものを丸ごとセットとして組んでしまうのはなかなか無いのではと。まぁ恐らく今のご時世、いろんな意味で空港は"重要な場所"であるわけですから、スピルバーグと言えどもそんな場所をおいそれと貸切るなんて事はできないということなのでしょう。

私のあてにならない記憶では、最初の頃の予告編は9・11と絡めていたような気がしたのですが、やはり記憶違いか勝手な思い込みだったのでしょうか。しかしながら、この作品が製作された時期にそれの空港への影響がほとんど描かれていないというのは、やはり作品として意図なのではないかと。

空港で離発着を繰り返す飛行機とそれに乗り旅立つ人々。ターミナルは終点でもあるが起点でもある。全く同様に、彼の周囲にいる、人種や年や性別や経歴が全く異なる人々も、彼を"起点"として新たな人生や日常に、あるいはある意味非情な現実へと旅立っていくわけです。彼そのものは通過点であり、終点ではないので、全ての人が彼を通り過ぎて行ってしまうのだけれども、そこでは皆何か"重要なもの"を得て旅立っていくわけです。其れは人によって様々なものだったけれども、いずれも忘れたくない"重要なもの"だったなと。ここではたと、空港と言うものを人が夢想していた時代の空港の"本来の姿"とは、そういった"思い"、つまり人種や国境を超えた交流や、お互いの思いやりや、理解、助け合い、そして自由。そういった"重要なもの"を成し得るための存在であって、間違っても今のように不穏分子を排除したりするためだけの存在ではなかったのではないかと思い当たる。そしてこの空港の"本来の姿"を実現するのは技術の進歩や、法や規則の整備ではなく、"人の思い"であると確信させるように、最後に彼も周囲の人々のそういった"思い"に助けられ、彼の"思い"を満たすわけです。つまり彼が待っていたのは事象としては国の復権ではありましたが、より本質的には人の心の"重要なもの"への回帰だったのではと。

こう考えてみると、作品とは別の意味で"重要な場所"となってしまっている現実の空港が撮影場所に適さないのは至極当たり前で、然るに"本当の姿"としてのセットを建設せざるを得なかったと、否、最初からそのような正反対の属性を持った実際の空港で撮ろうとは思っていなかったことでしょう。ではなぜCGやあるいは必要最低限の小さなセットを小手先の技術でごまかしながら使わなかったのかと言うと、人の手で"本来の姿"を作ることにこそ、意義があると考えたからではないかと勝手に思っております。

いずれにしても、この作品で描かれた空港や人の姿こそ"本来の姿"であり、そしてまた目指すべきものであってほしいなと、そう思いました。


時事ネタを取り入れつつ、映画としての面白さも残し、かつ、芯に確かなものを持つ。毎回ながらスピルバーグはさすがだなぁと思いつつ席を後に。外に出ると少し雨のぱらついていた師走の新宿。心なしか暖かく感じたのはこの作品のおかげだったのかもしれません。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-12-21 21:36 | Movie(T)
終わることによって引き継がれる永遠
a0008075_12154.jpgもしあの時、マルコビッチが一言でも話せば、私もこんな罪悪感にさいなまれずに済んだだろう。

母も子も、穏やかで幸せそうな表情だった。その何気ない仕草、会話に微かに感じられる程度だが、確かにそこには期待感と幸せが満ち溢れていた。
それに応えんばかりに古代の遺跡は二人を迎え、そこにいる人もまた、二人を迎え、そしてまた、二人もそれらを受容する。
それはあまりに当たり前に映ったが、それは私が今生きているからであって、それらがこの世界に現れたときは、あまりに奇妙な光景であったに違いない。

異国の地に気軽に赴き、そこに住む人と言葉を交わし、食事をし、物を買い、同じ歌を聴き、すばらしい景色をじっくり眺め、人生を楽しむ。そんなことは当たり前だと思う。
しかしそれと対比するように、母が語る歴史は、権力の争いと、悲劇に満ちていて、当たり前の幸せが、当たり前でないものだということに改めて気付かされる。

そして、オリヴェイラはその幸せを、バビロンを現出させることであまりにも美しく、幻想的に描き出す。そのあまりの美しさと自然さに、自分の耳と目を疑う。
しかしこれは紛れも無く現実である。こんなにも幸せなな時代が、かつてあったのだろうか。

私は豊かで幸せな世界に生きている。そう思った。だから思った。こんな当たり前なことを描くこれは、あまりに駄作だ。
つまり私は間違っていた。


再び私は自分の目と耳を疑う。
まさにその瞬間映画は終わりを告げ、そしてマルコビッチはその動きを止める。それはしかし、映画の終わりを告げるのものだが、思考の終わりを告げるものではない。
だから私は、マルコビッチの思考を嫌がおうにも引き継がざるをおえず、考えてしまうのだ。
その後のこと、親子のこと、そして今私が生きている、これ以上無い不幸な世界のこと。

何の意味があるのか?なぜ彼らか?互いに理解し、許容しうる能力と、力と、知識と、豊かさがありながら、それらを蔑ろに、当たり前のように争いを繰り返す今の世界は、幸せか?

もしあの時、マルコビッチが一言でも話せば、嗚咽の声ひとつでも漏らせば、もっともらしい後悔の言葉の一つでも漏らせば、私はそれに安堵し、納得し、この不幸を彼の問題だと認識することができ、こんな罪悪感にさいなまれることも無かっただろう。

彼の停止は映画の終わりを告げるのものだが、思考の終わりを告げるものではない。
では思考が停止するのはいつか。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-07-01 01:18 | Movie(T)
空虚の中にある可能性
a0008075_24154.jpgさて、やっとテッセラクト。
驚き。公開2日目にして、この客入りのなさは何!?

ある程度の混雑を予想していたので、連れに2時間くらい前にチケットを買っておいてもらい、
少し仕事が残っていたので、ぎりぎりまで仕事をしてから駆けつけたのですが…。
20人くらいしかいなかった。

原作が「28日後」「ザ・ビーチ」のアレックス・ガーランド、監督が「ザ・アイ」のオキサイド・バンなんだから、もう少し入ってもいいんじゃないの?


さて、
冒頭や、予告で流れる文句のとおり、4次元の展開図なのである。

3次元の存在である私たちは、4次元を概念として捉えることはできても、認知することはできない。
では4次元の展開図である、この作品を詳細に読み解くことで、その元の構造を読み取ることはできるか?
否。
例えば、2次元の構造である"四角形"を、1次元の唯の"直線"に展開したとき、
その元の構造を、唯の"直線"から復元できるか?
直線からは、円も作れれば、三角形も自由に作れてしまう。

同様のことが、3次元の展開図としたときの、2次元の構造にも当てはまるし、
4次元の展開図としたときの3次元についてもいえるはずである。

つまり、4次元の構造は、3次元に展開したとたん、その高次元で保持されていた構造は崩れ、失われ、復元不可能となる。

つまり、この作品は、3次元以外の何物でもなく、四角形を展開すると、その内に区切られていた空間が解き放たれ、存在しなくなるように、この作品の中にも、もともとその4次元で形作られていた存在は一片も含まれていない。空虚なのである。


つまり、最初から分かっていたように、3次元の存在である私たちが4次元を認知することはどうあがいても無理なのである。

では、私たちは、私たちの認知することができない4次元の構造に、唯翻弄されるだけの存在なのか?
否。
2次元の展開図を加工することで、その3次元構造へ影響を与えることができるように、3次元を加工することで、4次元へ影響を与えることは可能である。

私たちは3次元しか認知できない。それはつまり、4次元の構造については"開けてみないとどうなっているか分からない"ということである。
開けてしまったら、もう私たちの力では元の構造には復元できない。しかし、そうすることで初めて、私たち自身が、4次元を変える力と可能性を持っていることに気付くことができるのだ。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-06-26 02:43 | Movie(T)
期待通り!!
a0008075_03240.jpgそれにしても、先週観たものの中で一番客が入っていたのがこれだ。
一体どうなっているのか。

予想通りといえば、そのとおりであり、何も残念に思うことも無い。また、そうだからといって、私には全く関係ないことである。そもそも期待値通りなのだから、満足してもおかしくないのだが、しかしどうなっているのかと首を傾げてしまう。

概して、このようなことを言うと、概ね予想通りの、幾通りかの反応が得られる。
しかし、それらに対しては全く同様のロジックで、反論を返せることがほとんどであり、それはまったくもって不毛である。
それにも増して主観的な意見に対して一々反応するほど、マメではないので、人の多様性に唯只感心するにとどめておくことにしている。

前述の作品を見た直後に、この作品を見たので、
サラが電車で不機嫌だった理由が、よく理解できた。

それにしてもカッコイイ役は似合わないなぁと何時も思う。
ちょっと汚い役をやっているときが一番カッコイイ。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-06-25 00:33 | Movie(T)