<   2004年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
宇多田からのコメント
starwars3


宇多田ヒカル、『CASSHERN』は暗い映画!!?(VIBE)
4月21日に「誰かの願いが叶うころ」を発売したばかりの宇多田ヒカルが、夫である紀里谷和明監督の映画『CASSHERN』(http://www.casshern.com/)と新曲について次のように語っている
「(シングルの)タイトルを聞くとわりとハッピー系の曲なのかなって想像する人が多いみたいなんだけども、結構ジメジメした歌です(笑)。(なんでかというと、この曲は)紀里谷くんが初めて作った『CASSHERN』という映画の最後のほうで流れるんですが、ま、そーゆう意味では、映画がね、わりとたぶん暗いんだよ!だからそれの流れで……(笑)。
歌も真剣なんだけど、アニメが元になってると言うと、きっとみんなは「あー、ただのアクションなんだ」って思うんだけど(実は)結構ドラマチックな映画で、歌もそれに見合うくらいドラマチックな感じになったらいいなと思ったんだ。派手な意味じゃなくて逆にじっくり聴いていろんな人間関係のドラマが想像できるような感じに仕上がってると(感じてもらえたら)いいなと思います」。

なお現在、宇多田ヒカルのほかに椎名林檎やACIDMAN、GLAY、THE BACK HORNなど豪華アーティスト陣が参加した映画のサウンド・トラック『OUR LAST DAY ~CASSHERN OFFICIAL ALBUM~』も発売中。

[VIBE 2004年4月28日]


だって。
まー、宇多田のコメントは、あまり参考にならないとして、サントラまで出てるんだ。

・・・残念なことにこれでまた私のこの映画への評価は下がりました。
だんだん見る気がしなくなってきたんですが、
前売り券もあることだし、前述の理由もあるので一応見に行ってきます。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 14:35 | 雑記
『Passion』
starwars3
『Passion』に注目。

公開当初から色々話題を提供してくれているこの作品。アメリカではこれを見た人が自首したとか・・・。

別れ話から彼女を殺しちゃったらしいんだけど、この映画を見て深く反省、罪のつぐないを求めて自首に至ったらしい。
ホントかよ!?といいたくなるけど、ホントなんだろうな・・・。

日本では5/1から公開予定。
新宿高島屋では、信心深いクリスチャンが心臓麻痺とか起こした時用に、医務室(?)を開放するらしい。

メルギブソン久々の監督作品だけに、期待したい。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 14:21 | 雑記
公開は2004/12/18。
starwars3
ついにAlien vs. Predator

オフィシャルを覗いてみたら、いつのまにか公開日が決まっていました。
今年の年末、12月18日予定みたいです。

あと日本語サイトもやっと出来たみたいです。
http://www.avp-movie.com/

あと勝敗予想がエイリアン逆転!!
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 12:06 | 雑記
『Casshern』ってあれだよね・・・。
starwars3
Casshern

なんか異常。
先週末に、つまり公開初日に、『Kill Bill』と同じ映画館で見ようと思っていたんだけど、ホント異常。
なぜ立ち見まで出ているのか、私には理解できません。
面白いんでしょうか?

個人的に考えた、「見てない映画の判断基準」で、上中下で言うなら、間違いなく「下」なんですが・・・。

まーあんまし見てもいないのに酷評するとあれなのでこれくらいにしておきますが・・・。

とは言いつつも、実はこの作品には個人的な思い入れがあるので、
来週中には見に行くつもりです。

個人的な思い入れの部分はそのときにでも。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 11:47 | 雑記
Kill Bill vol.2 (2回目)
Kill Bill vol.2
あ、お叱りを受ける前に断っておきますが、ネタばれも含まれている可能性がありますので、まだ見ていない方は、ここから先は読まないほうが良いかもしれません。

そんなこんなで、Kill Billの中身。

さすがKill Billといいたいところだけども、やはりテンポと音楽と、いわゆるノリ的な部分はお世辞にもVol.1は超えていない。と感じたのが正直なところ。
しかし、どうもうっかりしていた。これは「ラブストーリー」なのである。アクションや、笑いは小出しで当然。それらはあくまでおまけであってメインは「ラブ」。
ん?ところがその「ラブ」がいつまでたっても出てこない。そして気付けば復讐を遂げていないのはBill一人。まさしく、どうなるKill Bill!?である。

ひとまずここまで。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-28 11:04 | Movie(K)
Kill Bill vol.2 (1回目)
Kill Bill vol.2その日は比較的多忙で、会場5分前くらいに映画館に到着。一瞬並んでいる列が見えたので、混んでいるのかな?と思い、すぐに指定席購入を決め、入り口にいた係員に購入方法を聞いたところ、窓口で買ってくれとのこと。指定席が残っていることを願いつつ、窓口に並んでいるうちに入場開始。やっと順番が回ってきて、指定席をくれというと、「前売り券を持っている場合は、入場後買ってくれ」なんとも無駄足。結局、最初に指定席について聞いた係員から指定席を購入。指定席が残っていたのがせめてもの救いではあるが、なんとも釈然としない対応。
まー、そんなことはさっさと忘れて楽しもうと思って入場してみると、大体4割ほどが空席。意外といい席も空いていそうな雰囲気。・・・指定席は無駄だったか。
やはりVol.1のすごさ(?)のせいか、vol.2を倦厭した人は多いみたいですね。
かくいう私も、Vol.1を見たときには、同じ路線でくるなら、Vol.2は見る必要ないなと思っていた一人ではあったけど、サブタイトルの「ラブストーリー」に引かれて見に来たわけである。
ここで一応誤解の無いようにいっておくと、私は別にラブストーリー好きではない。というよりむしろ苦手というか基本的にあまり見ない。
では、なぜ「ラブストーリー」に惹かれたかというと、Vol.1を見た人ならわかるかと思うけど、どうころんでもラブストーリーにはならない話だからである。つまり私の思考は以下の順を経たわけである。
「復讐」がテーマになっていたはずのKill Billがなぜ?→もしや、路線を変更したか?→しかし、Vol.1であれだけ独自の世界を作り上げた作品をただの普通な作品にするわけは無い→その答えが「ラブストーリー」か?→いづれにしても一癖ありそうだ→では見てみよう。
つづきはまた。
[PR]
by nothing_but_movie | 2004-04-27 15:26 | Movie(K)